menu

MARCH合格塾は、日本で一番MARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)に受かりやすい通信教育予備校です!

 

MARCH合格塾はMARCH大学受験対策にカリキュラムを特化し、MARCH受験対策を研究し尽くした合格ノウハウを受験生に伝授する、新しい形の通信予備校です。

 

当塾ではMARCH合格に焦点を絞ったカリキュラムの特性故に他塾と比較した時に、ワンランク群を抜いたMARCHへの合格率を実現することができます。

授業内容はMARCH合格を果たすために組まれており、MARCH突破を3つの受験スタイルで受かりに行くべく(センター利用、全学部入試、個別入試)、バランスよく対策を講座に配置し、分かりやすい授業と教材、担当指導員からの戦術(勉強法・計画・内容)と指揮で合格に向けた総合的な受験期間を提供できるはずです。

 

 

また、通信教育の業界ではめずらしく、個別指導にも力を入れております。ただのやらせっぱなしではなく、受講生と指導員がコミュニケーションを取り合いながら力を合わせて成績を上げていきます。

 

 

MARCHに合格することを基軸に、個々の志望と現段階の実力を細かくヒアリングし、併願校への戦術と計画も練り上げます。あらゆるMARCH合格の可能性を模索して参りましょう。

MARCH合格塾はMARCH合格を何が何でも勝ち取る塾です

 

 

MARCH合格塾はMARCH合格を何が何でも勝ち取る塾です!

 

MARCHに行きたい受験生はどうしても滑り止めを日東駒専ラインに置く受験生が非常に多いです。

しかしMARCHラインでの志望を置く受験生は実のところ、MARCHの中でも偏差値、偏差値だけではわからない入試問題自体の難易度、そして何より当塾のような個別性の高い塾だけが見抜くことのできる本人適性を見抜いた入試問題選びによってMARCHラインだけで第1志望から滑り止めに至るまでのすべてを事足りるようにしてしまうことができます。

 

•「MARCHラインで何としても合格したい。日東駒専ラインまで進学先を落とすことはありえない」

 

•「早慶まで」とは言わないから確実にMARCHに通して欲しい。

 

 

こういう方にうって付けの塾です。今の成績は一切問いません。

我々の責任において中学レベルから丁寧に育成します。やる気と最後まで続ける意思だけ持ってきてください。

 

日本全国何処からでも!! どんな成績からでMARCHを目指せる!!

当塾は通信制で、講義はスマートフォンやパソコンを通してのプリント配布と音声講義、メールや電話での個別勉強コンサルティングで合格指導を行います。

 

パソコンと電話さえあれば日本全国どんな場所からでも、そして、今の成績がどんなに低くても、最高の受験戦略で皆さんを合格に導きます。

 

 

 

受験生のみなさんは「合格したい!」というやる気だけ持ってお申し込みください。

 

責任を持ってみなさんのやる気を預かります!

 

特に、24時間365日、時と場所を選ばない受講スタイルと、各位のみに与えられる個別の受験戦略、勉強計画は学校や部活との両立に頭をやませる現役生や他の塾とのダブルスクールを行う受講生に格別の高評価をいただいております。

どの成績からでも盤石な基礎育成を行います

 

 

受験生の皆さんはおそらく、このMARCH合格塾HPにたどり着くまでに、「どうしたら自分はMARCHにいけるだろうか?」と考え、学校の先生や身近な先輩などにアドバイスを求めたこともあるでしょう。そしてそのたびにこういわれたはずです。


 

ところが、基礎とはなんでしょうか? 簡単なこと、基本的なこと。


抽象的にはなんとでも言えます。そして何が正解なのかも分かりません。

 

MARCH合格塾が重要視する「基礎力」の定義は知識量と知識を使った練習量です。

この2点の定義を軸に各科目の自学自習内容を決定し、暗記と理解を積みかさねます。

人間の思考力は知っている知識の量と比例します。なぜならば人間は自分の知っている知識・経験を活かしてしか思考できないからです。ただし、全てを丸暗記にしてしまってはすぐ忘れてしまいますし、続きません。理解を伴えた暗記がどれだけできるかが勝負です。

 

 

そして、その自学自習内容と連動した入試問題を講義にて「知識を使った練習」として受講していただきます。身に着けた知識が入試本番でどのように使われ、活きてくるのか一緒にトレーニングしていきましょう。

考え方と解法テクニックを磨く場所が講義です。講義量は無理のない分量で、皆さんの余裕を確保した分量です。

 

ご安心ください!

 

1日の中で講義が4コマも5コマもあるようなことはありません。国語と英語の90分講義が週1回ずつ。夏期からは選択科目の講義と英作文などが必要な人に対しての添削講座が開始されていきます。

 

無駄に多い講義量も無駄な自学自習も一切存在しません。

 

 

知識量とその知識を使っての練習が積み重なってくると、少しずつ、問題集での練習も増やしていき、「自分でできる力」を育成します。

 

こうしてMARCH合格塾での基礎力は育成されていきます。個別指導もございますので、どんな成績から入塾してくださっても結構です。やる気、闘気、元気さえあれば問題ありません。


 

この基礎力からはじまり、MARCH合格塾には多くの戦術と哲学が存在します。

HP上でさらにご覧になって、MARCH合格塾をよろしくご査証くださいませ。

 

 

 お問い合わせ•入塾希望はこちらから

 

 

 

 

MARCH合格プログラム~絶対に落ちようがない受験生に育て上げます

MARCH合格塾が発足した背景には兄弟校でもある「早稲田合格塾」の存在がありました。

 

早稲田合格塾は早稲田大学を第一志望とする受験生にとって最高のコンテンツであろうと努め、早稲田大学の入試問題20年分を学部別・科目別・大問別に細かく区切り、解答の根拠、難易度、時間配分などなど日本一細かく分析しました。

 

その分析からはじき出される早稲田狙いに適した参考書や問題集を明確にし、受講生個人との細かい戦術共有と受験哲学の共有、実際に入試問題を前に戦術を駆使する音声講義でおよそ3人に1人の合格率を達成するにも至るようになりました。

そんな早稲田合格塾のカリキュラムの中でも、重要な位置づけとして存在していたのが、早稲田大学以外の受験対策もおろそかにしないという事でした。

 

早稲田大学にもなるとさすがに受かる確率以上に落ちる確率のほうが高いというのは明らかな現実です。

 

その中で、早稲田大学受験を精神面でも入試問題を解くという面でも良いコンディションで迎えるためにMARCH・関関同立といった大学対策をまずは抑えたうえで早稲田合格を生徒に指導していたところ、MARCH・関関同立における合格率は毎年9割前後にも及びました。

 

その兄弟校「早稲田合格塾」で存在していた合格率9割のMARCH対策カリキュラムを明治の分野において洗練させることで、現在、日本一多い志願者数を誇るという明治大学をはじめとするMARCH受験生ニーズに応えることができるかもしれない。

こうしてMARCH合格塾のカリキュラムはつくられ、MARCH合格塾は発進するに至りました。

 

変化するマーチの現実と、進化しない予備校のマーチ対策

近年、MARCHのトップに君臨する明治大学は大学としてのクオリティをめきめきと高め、奨学金制度の充実、受験方式の多角化、日本屈指の就職支援、快適かつ高度な学習環境の構築などなどの大学としての努力から、2010年には大学志願者数ナンバー1、2011年には「関東の高校生が進学したい大学ランキング」ナンバー1へ輝きました。

 

また、数年前までは明治大学の学生の半数以上が「第一志望は早稲田だった」というような環境から「早稲田コンプレックス(通称ワセコン)」などといった言葉まであったものの、現在では、第一志望が最初から明治であった学生も以前では考えられないほどに増えてきました。

 

 

さらには明治大学受験の変化に伴い、受験生が記念受験や可能性が低いままに早稲田大学を受験することがなくなってきた昨今、MARCHを受験先として選択する受験生は増えてきています。

 

しかし、MARCHへの受験生ニーズの増大とは裏腹に予備校業界におけるMARCHへの対策はまだまだ早稲田大学対策のついでのような位置づけです。

 

人気が増せば、当然、合格も容易なものではなくなってくるもの。合格塾ブランドでは人気があるのに、指導が薄いそんなMARCH対策の今に目を付け、焦点をあてました。

 

 

受験生の皆さんはやる気と元気だけ持ってきてください!!

偏差値40からでも合格は可能です!!

MARCH合格に遅すぎる事はありません。やりたい時が始め時!!

(定員と入塾に関しては「お問い合わせ」よりメールにてお問い合わせください)

 絶対にMARCHに合格したい!そのような受験生をお待ちしております。 

 

お問い合わせ•入塾希望はこちらから